美容の各プロが選ぶ!2019年ベストコスメ スペシャルケア編

スペシャルケア編1
お気に入り
監修
MANAMI

トータルビジュアルプロデューサー

海外でのモデル経験を活かし、日本に帰国後はヘアメイク、ファッション、歩き方など「見た目に関するすべてのプロデュース」を手掛ける。
なりたいもの目指すものと本人が持つ素質を絶妙に見極めブランディングすることを得意とする。顧客は芸能人、政治家、専門家、ミスコンテストの出場者など。

目次
皆さんこんにちは!トータルビジュアルプロデューサーのMANAMIです。

私が普段、メイクボックスに常備していた2019年ベストコスメたちをご紹介していきたいと思います。

今回は、本当に困ったときにお役立ちなレスキューコスメにもなってくれる「スペシャルケア」編です。

2019年ベストコスメ スペシャルケア編は

JINO アミノシューティカルマスク(6枚入り)5280円

スペシャルケア編2

です!

こちらはなんと味の素が作っているスキンケアライン。最近は、異業種メーカーがスキンケアコスメを作っていることにも驚かなくなりましたね。IKKOさんがブランドキャラクターをお務めになった頃は、どのメイクアップアーティストのメイクボックスにも化粧水が入っていたほどでした。かくいう私もその当時にJINOを知り、新宿の地下街にひっそりとできていたショップに足繁く通っておりました。ネット購入の便利さに気づいてからはもっぱらオンラインでの購入になっていますが・・・。

さて、配合成分のお話に戻しましょう。味の素だけに、研究開発をすすめられたアミノ酸がメイン成分でこちらのマスクには24種類ものアミノ酸が配合されています!

スペシャルケア編3

パラベン、アルコール不使用。幅広い方々にお使いいただけます。私もアルコールがだめなのでとても嬉しい。ヒトの体に必要な成分で、不要な成分は省いてあるので刺激を感じることは少ないのではないかと思います。

使い方はとても簡単。洗顔し化粧水でお肌を整えた後、こちらのアミノシューティカルマスクをのせるだけ。シートマスクにはざっくり分けて二種類あり、化粧水がつまったタイプで洗顔後にすぐのせられるものと、美容液がつまっていて化粧水の後にのせるタイプとがあるのですが、こちらは後者ですね。

私はもともと化粧水タイプのほうが好きで、美容液タイプはヌルヌルと顔に残るばかりで肝心のお肌の潤いが感じられるマスクは案外少ないなと思っていたのでデパートでもドラッグストアでも知ることができないこの製品に出会えて本当に助かりました。本当に良い情報だったなと。

100%植物由来のシートを採用していて顔にしっかりと密着してくれます。美容液とシートのバランスが悪いと、首だけでなく服などにもたれてしまったりして他のことができなかったりすることがありとてもつらいのですが、こちらは美容液の過不足なくフィット感も素晴らしいので、忙しい朝でも他の準備をしながらで使うことができます。

さらに、美容液タイプのシートマスクは平均15分ほど置いておかなければならないのに対してJINOのアミノシューティカルマスクはたったの5分。5分じゃ潤わないとか、しかも液垂れしない程度にさっぱりしているならどうなの?という先入観を持たれがちですが、一度使えばわかります。このアイテムの素晴らしさが。

貧乏性の私はついつい長い時間置いてしまいたくなりますが、短い時間を指定しているものを長く使って良い結果を生んだことがありません。初めて使うときにも時間どおり5分ほどでとってみました。結果は5分でどうやってこのお肌に!?というくらいにお肌のすみずみまでシートの成分が行き渡っているのを感じることができました。このアイテムが大好きすぎて他の雑誌でもご紹介したことがありますが、その際にご一緒した作家さんもその場でお試しになってくださり、透明感がアップし絶賛していただきましたよ!

短い時間で最高のパフォーマンスをしてくれるマスクなので、撮影現場でも大活躍。メイクの時間はシートマスクを置く時間次第で変動します。スキンケアが長引いてメイクの仕上がりを遅らせて周りに迷惑をかけることは極力したくないものですが、モデルさんのお肌の調子が悪ければレスキューケアを施さなくてはメイクが崩れたりアップに耐えられなかったりします。マッサージを一生懸命施して、化粧水を何度も重ね付けするよりも手軽に保湿ができて透明感がアップできるアミノシューティカルマスクは忙しい方の味方です!

2019年、メイクボックスに常に1箱(6枚)入れている「与える系スペシャルケア」第一位はJINO アミノシューティカルマスクでした。

2020年はこのようなアイテムが増えてくれると良いですね。

 

 

ARTICLE関連記事