美容の各プロが選ぶ!2019年ベストコスメ トレンドカラー編

トレンドカラー編1
お気に入り
監修
MANAMI

トータルビジュアルプロデューサー

海外でのモデル経験を活かし、日本に帰国後はヘアメイク、ファッション、歩き方など「見た目に関するすべてのプロデュース」を手掛ける。
なりたいもの目指すものと本人が持つ素質を絶妙に見極めブランディングすることを得意とする。顧客は芸能人、政治家、専門家、ミスコンテストの出場者など。

目次
トレンドカラー編1

美容家、ヘア&メイクアップアーティスト、トータルビューティの指導者などがそれぞれに2019年いちばんヘビロテしたアイテムや、どこで使っても役にたった、モデルさんや業界の方に評判が良かったアイテムをご紹介しています。

今回は2019年にトレンドになったカラーについて総括していきたいと思います!

1・オレンジ
トレンドカラー編2

だいぶイエローベース、ブルーベースといった「パーソナルカラー」の概念が定着してきましたね。皆さんも一度は自己診断かなにかでも、ご自身がどちらのお肌の色か調べてみたことがあったり、プロに診断を頼んでなんとなく似合う色がわかっていらっしゃると思います。

イエローベースが特にお得意とされるオレンジですが、2019年はさわやかなシャーベットのようなオレンジから、こっくりとした朱赤まで、どんな肌の方にでも合うオレンジリップが見つかるオレンジの当たり年だったのではないでしょうか。もともとブルーベースさんはピンクやローズがお得意でしたが、2019年は健康的なイメージがトレンドとなってブルーベースさんが似合うオレンジを探している書き込みがSNSなどで目立ちました。

ロレアル、アナスイ、シュウウエムラなどカラバリが特に豊富な外資系ブランドはいち早くブルーベース向けのオレンジも出していたこともありSNSでも話題になっていましたね。クレ・ド・ポー、ルナソルなど日本発のブランドはイエローベースが得意。赤〜ブラウンあたりの肌なじみの良いカラーはお手の物。イエローベースに似合う落ち着いたオレンジもばっちり守備範囲内でした。

パーソナルカラーという概念が全盛期になり、ただ「私はブルベだからピンクかローズ・・・」で終わっていた色選びから、「苦手な属性のカラーだけれど似合うものをつけたい!」という気持ちに進化した、美への飽くなき追求心を感じた2019年でした。

2・健康的な色みのファンデーション
トレンドカラー編3

オレンジでも触れましたが、健康的イメージがトレンドになった背景には、ここ数年「筋トレ・フィットネス大会」「(皇居)ラン」「ビーチヨガ」「ゴルフ」など、これまでスポーツをしてこなかった方が気軽に体を動かすようになったことがあるかと思います。

日焼け止め、下地などのUVケア、カットアイテムも年々バリエーションの広がりを見せていますが、2019年はそれと同じくらいにファンデーションの健康的な色みのアイテムも増えました。これまで日本では「色の白いは七難隠す」と、肌が白いことが良いとされてきました。しかしここにきて空前の健康・運動ブームにより日焼けすることを悪としない考えや、筋肉の大会のように肌を焼くことが筋肉の美しさを際立たせたり、痩せ見え効果があるという考えで、これまでよりトーンダウンしたファンデーションの色みを求める方々が殺到。これまでエイジング世代のための明るめカラーを展開していたブランドまでがヘルシーオークルカラーなどダークめなカラーを追加するようになりました。スポーツ時に崩れにくい、でもきれいに見える、というようなスポーツ用BBクリームなどもお目見えし、日焼け止め効果とカバー、肌の色ムラを一気に解消できるようにもなったのは、個人的にもとっても嬉しいです。SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーションは資生堂ながら海外向けブランドなのでヘルシー色もりだくさん!(筋トレ中なので)また、完全ドメスティックメーカー、ちふれのアッパーブランドhikarimiraiのコントラストクリームファンデーションは、ピンクオークル肌用の健康色!イエローベース用のイエローオークル健康色が断然多い日本では稀有な存在。ブルーベースさんで健康的なベースメイクがしたい

この傾向は2020年も続きそうなので、今までよりも一段健康的な色みのファンデーションにオレンジリップを合わせてヘルシーな2020年春夏にしてみては?

ARTICLE関連記事