【化粧水】
ETVOS バタライジングローション

お気に入り
監修
ペキ

元美容師・ヘアメイク

現在は美容関連の会社員

目次
皆さまこんにちは!元美容師のペキです。今は美容系で会社員している傍ら、良いコスメを探してこうして発信しています。

スキンケアは日々の生活で特に重要視している部分であり、私の場合乾燥肌でありとにかく炎症が起きやすい敏感肌です。ですので無闇に流行り物を手に取ってみるのもなかなか勇気がいる行動となってしまいます。
毎日自分の肌と向き合い、この乾燥の原因は何か、肌は何を欲しているか、と考えます。
そんな肌質を想像しながら、今回ご紹介する化粧水を見ていただけたらと思います。

そのご紹介アイテムがこちら、「ETVOS バタライジングローション」です。

ETVOS バタライジングローション①

向いてる肌としてはやはり乾燥肌だと思います。というのも、こちら化粧水の中でもあまり無い「ヒト型セラミド」を配合していることが大きな特徴の一つであり、私が今回化粧水探しをしていた時のポイントの一つでもあります。

ETVOS バタライジングローション②

難しい説明ごとはさておき、使い心地ですよね。テクスチャーは、透明に近い若干の白濁がある液で、非常にとろみが強いです。この見た目だけでもう、肌が潤ってきそう。

故に、使用する量もごく少なくて大丈夫です。
私の場合は1回につき2〜3滴で使う事が多いです。

えっ、少なくない?と思った時のためにつけ過ぎかどうかの判断として、洗顔後のお顔全体に十分に塗ったあと、まだ滑りが良いままクルクルとお肌の上をスムーズに手のひらが滑るような量だとちょっと多いように思います。
適量はもっと、お肌がモチっと潤ったまま手のひらに吸い付いてくるような感覚になります。
目安にしてみてくださいね。

特にお風呂上がりなどお肌が柔らかくなっている状態であれば浸透も早いですし、少量でも十分足りると思います。
ワンランク上のケアを目指すなら、事前に導入液を使用するのも更に浸透感がアップしますよ。

とろみが強いため、コットンパックには向きません。
ハンドプレスでしっかり馴染ませていきましょう。
決して力を入れて擦らずに、じんわり抑えて浸透させていくイメージです。


いかがでしょうか、使用感の想像は出来ましたでしょうか?
これだけ優秀な保湿力を発揮してくれるのですが、初見で見た時まずその大きさについて、「小さい!」と思う方もいらっしゃると思います。(私も思いました ; ; )

120mlで、例えるならちょっと大きめの栄養ドリンクぐらいです。
確かに小さいボトルなのですが、そんなに豪快にバシャバシャ使うタイプの化粧水ではないことはお分かりいただけたと思います。
使ってみて納得の容量でした。


価格も5千円台と、決してお手軽なラインではないのですが、ヒト型セラミド配合の特徴もありますし、大事に使っていきたいところです。

もう一つ使用感として気に入っている点は、「とにかく続く保湿力!」です。
正に乾燥肌撃退のために私が重要視したい部分です。
この化粧水を夜に塗ると、翌朝起きても肌がそのまましっとりしています。
朝塗ると、夜になってもお化粧の上からでもそのまましっとりしています。
この肌質の変化はすごく実感がありました。


日常ですと、マスクをしていてお化粧崩れが気になることもあると思いますが、崩れを防ぐ第一歩として十分な保湿がとても大事です。
自宅でスキンケアをする時も、日々肌と向き合って対話してみてください。
そこで念入りな保湿が必要ないなと思う日もあるかもしれませんし、反面、今日こそは必要だと思う日もあります。
そんな時この化粧水は私にとっては非常に心強いものです。


こんな世の中です、鏡を見る時間をいつもより少しだけ増やしてみて、自分自身の肌を労ってあげる機会を作ってみませんか。

ARTICLE関連記事