【おこもり美容アイテム特集】
敏感OKの集中ビタミンケアでもちもち肌を手に入れる

お気に入り
監修
MANAMI

トータルビジュアルプロデューサー

海外でのモデル経験を活かし、日本に帰国後はヘアメイク、ファッション、歩き方など「見た目に関するすべてのプロデュース」を手掛ける。
なりたいもの目指すものと本人が持つ素質を絶妙に見極めブランディングすることを得意とする。顧客は芸能人、政治家、専門家、ミスコンテストの出場者など。

目次
トータルビジュアルプロデューサーのMANAMIです。
芸能人などのヘアメイクなどビジュアルを整えるお仕事をしています。
芸能人に評判が良く使っているアイテムや試してみてよかったアイテムをお届けしています。


ステイホーム中にじっくりとスキンケアをするようになりました。
いつもはせいぜい2アイテムのシンプルステップなケアでしたが、気になっていたアイテムをシンプルケアに取り入れて肌の変化を検証しています。

今回、肌質を選ばず改めてビタミンCの美容液ならばこれが良いかもしれない、と思ったアイテムは
N organic エンリッチ&コンセントレートVCエッセンス
敏感OKの集中ビタミンケアでもちもち肌を手に入れる1
でした。
こちらはビタミンC美容液です。


合成香料・着色料・無鉱物油・パラベン・エタノール・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用。
N organicの特徴でもあるスウィートシトラスの香りで癒やされながら、肌に優しくビタミンケアができます。


さて、長時間潤ったと私が感じたのは、どうやらフィトモイストリピッドというしくみによるもの。
何重にも膜で美容成分を包み込んだ小さな小さなカプセルが時間差で溶け出すことによって肌の奥(角質層)まで届くのだそう。


昔はビタミンC=美白やニキビ跡退治、毛穴縮小のお悩み用アイテムだったので、シミができる人かオイリー肌用のものだと思っていました。
保湿や肌の張りのためにビタミンCを投入するという考えはあまり持たなかったですし、サラサラした水っぽいテクスチャーのビタミンC美容液でものすごく肌が乾燥してから敬遠していました。

しかし今ではシミはもちろん、コラーゲンの生成を促進させ保湿を助けることでシワのケアなど幅広く使われています。
敏感肌にもOKというN organicのエンリッチ&コンセントレートVCエッセンスを試してみたときにサラサラなタイプではなく粘度が高くて長時間もちもち肌だったことを思い出し、継続的にしっかり使うようにしました。


テクスチャーはシャバシャバのウォーター状ではなく粘度がある感じ。
液体状のジェルと言いましょうか。
みずみずしいだけだとその後が心配な乾燥肌ですが、こちらは抵抗なく使えます。
伸びがよくすっとなじみつつ肌自体のモチモチ感は残ります。
オイリーな方は夜ならばクリームなどを重ねてほしいですが、朝ならこの上に下地を塗るのも有りです。
乾燥肌ならば朝晩ともに油分があるものでフタをするのが確実でしょうね。
敏感肌からオイリー肌、乾燥肌も使えます。とにかく肌質に応じて重ねてつけるものを考えて調整すると良いと思います。

敏感OKの集中ビタミンケアでもちもち肌を手に入れる2

ここでひとつ注意を。
夜は問題ないですが、朝メイクをする時には初めて合わせる化粧下地はこの美容液と合うか事前に確認したほうが良いでしょう。
ビタミンC系とシリコン系が合わなかったりして、シリコン系下地を重ねた時に消しゴムのカスのようにモロモロととれてきてしてしまうことがあります。
忙しい朝にスキンケアからやり直すのは大変なので、相性を確認しておきましょうね。


今回もやはり肌全体のブライトアップや肌の色ムラがなくなることの方が期待として大きかったのですが、実はそれよりも「おでこの小さなシワ減ったんじゃない?」と夫に言われ、鏡を見てはじめて気づきました。
肌の色とシミばかり見ていてノーチェックだったおでこと眉間のシワが目立たなくなっていたのです。
顔がげっそりして見えなくなったのも自撮りをしていて感じたことでした。
全体的に顔がふっくら。
だからいつもの乾燥たるみでできる縦長の毛穴も見当たらないような。


ピアスの穴を開けてすらいないほどのチキンな私は、将来的にクリニックでシミとりだのシワとりだのをする勇気がないので、ビタミン投入で今から植物のように自分の肌を育てていくのも良いのかなと思います。

ARTICLE関連記事