角質ケアと角栓ケアが一度にできるオーガニックスクラブ

お気に入り
監修
MANAMI

トータルビジュアルプロデューサー

海外でのモデル経験を活かし、日本に帰国後はヘアメイク、ファッション、歩き方など「見た目に関するすべてのプロデュース」を手掛ける。
なりたいもの目指すものと本人が持つ素質を絶妙に見極めブランディングすることを得意とする。顧客は芸能人、政治家、専門家、ミスコンテストの出場者など。

目次
トータルビジュアルプロデューサーのMANAMIです。

おこもり美容も板についてきました。

今回は、日焼け止めなどを多用して肌のごわつきが気になる夏に向けて愛用しているスクラブだけをスペシャルケアとして、いつものスキンケアを使い続けるチャレンジをしてみました。
いつもはどうしてもスクラブで「とる」ケアをしたら「与える」スペシャルケアも同時に行ってしまっていたので、このアイテム単体のすごさをもっと伝えたいと思います。

do organic マッサージバッグ

角質ケアと角栓ケアが一度にできるオーガニックスクラ1

日本製オーガニックのパイオニア、do organicは芸能人やモデルにも絶大な人気を誇るブランド。
いつも美容雑誌でのランキングは上位をキープしていますね。
若い方からご年配の方まで、オーガニックを愛する方だけでなく機能性重視な方々にもファンが多いのが特徴。

芸能人のメイクの現場にもよく持っていくブランドの一つですが、このブランドを嫌いな人、今までいませんでしたね。
おおげさじゃなく。

日本ではオーガニック成分が入っていればオーガニックコスメ、と言えてしまうところもありますが、do organicはコスメビオとエコサートのW認証を持っている、本気のオーガニック。
使っている成分だけでなく、その産地などにもこだわっています。

そんなdo organicが出しているスペシャルケアは、機能性がありながら肌と環境へのやさしさをとことん追及したプロダクトばかりです。

こちらのマッサージバッグを使うタイミングなのですが、いつでもOKです。
夜でも朝でも。
いつものようにメイクをしようと思ったら何だか顔色がくすむ、角栓ができた、肌がごわついてきた・・・と感じた時に使ってください。

普通肌脂性肌におすすめとありますが、夏は私も肌がごわついてきますので、角質ケア角栓ケアのためにも使います。

使い方はとても簡単です。
マッサージバッグを濡らして柔らかくなるまで多少揉んでから肌を滑らせていくだけ。

角質ケアと角栓ケアが一度にできるオーガニックスクラ2

マッサージバッグはオーガニックコットンガーゼでできていて、このマッサージバッグの紐を丁寧に結ぶところまで日本の職人による徹底ぶりです。
肌あたりの良いオーガニックコットンガーゼはざっくりと角質をオフしながら血流を促してくれるマッサージ効果もあります。
滑らせるだけでマッサージ効果まで得られるのはものぐさな私にもピッタリです。

そしてその中に入っているのは米ぬかとクレイ!
米ぬかは栄養素に満ちた美容商材として昔からありましたね。
米ぬかで作業する女性の手にはしわもしみもないと言われてきていましたし、米のとぎ汁で顔を洗うとお肌がつるつるになるという美容法もありました。

それから毛穴の汚れを吸着してくれるキメ細かいクレイももちろん国産。
米ぬかとクレイの二つのスクラブ成分によって、毛穴の中も、角質オフも、角栓すらもきれいになっていきます。
そして肌が柔らかくなります!
ごわついて硬さがでてきていても、マッサージ後は表情まで柔らかくなったような自分の顔がそこに!

いつもならこのあと美容液やパックも併用しますが、がまんして1パック(6個入り)を使い切りました。

角質をオフして血流がよくなるのですから当然その後の化粧水の吸い込む力もぐぐっとアップしていますよね。
肌をしっかり保湿したい!という時に、下準備としてこのように優しくスクラブするという選択肢を入れると様々なケアが一つですみますし、いつもの化粧水が美容液を塗ったかのようにしっかり働いてくれたりしますので、このスペシャルケアは「取り去るだけ」のケアじゃないと再認識。
必要なうるおいは残ってくれていました。

実はこれ一つだけでもとても贅沢なケアなのに、他のスペシャルケアもしてたとは!
まぁ、してもいいんですけどね。
ただ、普段はこれひとつでも十分と感じました。

1個500円計算。
これは安いと感じます。
週2回でも1000円ですから月イチでエステに行くよりもマメにケアできるしお得な気分です。

1カ月で6個入り1パックを使い、美容液なしでいつものお手入れをしてみても肌の明るさと毛穴のきれいさとくすみの感じにくさ、そして肌の柔らかさは実感できたので、おこもり美容チャレンジにはもってこいなアイテム。

しかし、ピカピカになったお肌をマスクで隠したり外になかなか出られないのは残念です。
早くでかけたい!

ARTICLE関連記事