チャイボーグメイク リップ

お気に入り
監修
ペキ

元美容師・ヘアメイク

現在は美容関連の会社員

目次
皆さんこんにちは!
元美容師で会社員のペキです。

今回は2020年大注目のメイク、チャイボーグメイク(中華メイクとも呼ぶ)の特集とのことで、ポイントメイクについて語っていきたいと思います。

チャイボーグメイクの色味の特徴として赤白黒といったハッキリした色味が使われますが、その中から、赤を使うパーツとしてリップのアイテムをご紹介します。

そのアイテムがこちら。
エチュードハウス マットシックリップラッカーRD303 [IRENE RED]です。
チャイボーグ リップ1
エチュードハウスのコスメは発色もパッケージもかわいく、種類もたくさんあり眺めてるだけでも楽しくなってしまうコスメですが、このマットシックリップラッカーシリーズは、リップティントであり、少量でも色付きがとても良く、今回のチャイボーグメイクに取り入れやすいなと思い選びました。

写真に写っているものは、小さいサイズです。
持ち運びに非常に便利です。
この小さいものは仕事用にと5色セット売りのものを以前購入したのですが、通常サイズで各色一本から売っています。

色味はピンク寄りの鮮やかな赤です。
使用時は蓋を開けるとそのままチップが付いてくるのでそれを唇に塗るのが一般的ではあると思いますが、
私の場合まず指先に本当に少量、針の頭ほどの量です。

画像のように冗談かと思うぐらい少ない量を取ります。
チャイボーグ リップ2

チャイボーグ リップ3
それを唇の中央にポンポンと叩くように乗せて馴染ませます。

それからまた同じくらいほんのちょっと色を取って、丁度良い色になってくるまで塗り足していきます。

チャイボーグメイクを目指す時であればリップは是非目立たせたいので塗る量は多めでも良いです。

でもだからといっていきなりチップでベタっと塗るよりは、やはりこのように指先でちょっとずつ足していったほうが失敗しにくいと思いますので是非ご参考ください。

なかなか減らないので重宝しますよ、笑
チャイボーグ リップ4
質感はマットになりますが、液自体は瑞々しいです。

それが塗り易さの秘訣だと思うのですが乾くのは速いので、唇の乾燥が酷い場合は伸びが悪く塗りづらいかもしれません。

そんな時は事前にリップクリーム等で潤わせてから乗せていくと良いかと思います。
ツヤが欲しい時は上からグロスを足すなど、アレンジもいいですね。

ただ、これらのアレンジの場合色持ちの良さが若干落ちるかとは思います。
ポーチの中にお直し出来るようアイテムを用意しておくといいですね。

更にワンランク上を目指すならチャイボーグメイクは輪郭をはっきりさせるリップの方がハマる為、リップラインを作る時は指だけだとぼやけがちになるのでリップブラシで仕上げるとより綺麗ですよ。
但し乾き易いので手早く、です。

このリップはとにかく発色が良いのと、塗ったらあまり色が落ちないところが気に入っています。
ドリンクを飲んでもカップに付きませんし、付け心地は本当ストレスフリーです。(それでも、脂っこい物を食べたりすると流石にある程度落ちますが ; ; )

このように落ちにくいところがリップティントの特徴ですし頼もしいところでもあります。

色味も、王道の真っ赤なリップを好むチャイボーグメイクにぴったりです。
とても華やかで存在感のある色なので、唇の色でガラッと印象が変えられると思います。

もしかしたら普段メイクだと戸惑いがある色かもしれませんが、このようにテーマをしっかり決めて思いっきりメイクを楽しみたい時には是非挑戦してみてくださいね。

ARTICLE関連記事