チャイボーグメイク①下地

お気に入り
監修
MANAMI

トータルビジュアルプロデューサー

海外でのモデル経験を活かし、日本に帰国後はヘアメイク、ファッション、歩き方など「見た目に関するすべてのプロデュース」を手掛ける。
なりたいもの目指すものと本人が持つ素質を絶妙に見極めブランディングすることを得意とする。顧客は芸能人、政治家、専門家、ミスコンテストの出場者など。

目次
こんにちは!トータルビジュアルプロデューサーのMANAMIです。

現在のトレンド「チャイボーグメイク」について、今回からチャイボーグメイクフルで完成するまで、お気に入りアイテムとともにメイクプロセスも公開しちゃいます!

私が紹介するアイテム以外にも、ヘアメイクアップアーティストのEriや、美容OLのペキという美の専門家たちが、それぞれに使いやすいアイテムを挙げてくれているのでそちらも参考にしてみてくださいね。

では早速、今回はチャイボーグ肌に欠かせない、サイボーグのような人工的な肌づくりを助けてくれる毛穴などの肌凹凸をスムースにする下地をご紹介します!

 

sweets sweets ポアレススキンスムーサー 01ベビーピンク(5月23日発売予定)
チャイボーグ下地1
スティック型なので塗りやすい下地です!
毛穴カバーなどのプライマー効果の他にも、肌表面をサラサラにしてくれるパウダー効果があります。メイクが崩れやすい方が崩れ防止に使うこともできます。
チャイボーグ下地2
残念ながら頬の部分の毛穴がガバ開きの私。『鼻周りの毛穴、ほうれい線もピリピリと2,3本あります。
チャイボーグ下地3
仕上がりの肌。肌ノイズが大分なくなり、テカリ感も消えました。

小じわもカバーされているので若々しく見えます。
この後にファンデーションを塗ればかなりきれいにノリます。

さて、この仕上がりになるための付け方です。

頬部分は、下から上に塗ります。
スティックで塗り込んだあと、指で円を描くように全方向からなじませるとサラッと感も確認しながら塗れます。


 
チャイボーグ下地4
チャイボーグ下地5
ほうれい線は、内から外&下から上を意識しながら、人中部分を中心にVを描くイメージで斜め上に向けて塗ります。
シワに対して垂直に塗り込むことで、より凹凸をしっかりとカバーすることができます。
チャイボーグ下地6
チャイボーグ下地7
鼻周りはクルクルと。
写真でスティックを置いている下の部分は、人からは基本的に見えないところですが忘れられがちなのでそちらまで塗ります。小鼻の横も塗っておくと、赤みが出やすい方は次のファンデーションを塗るだけでファンデーションの色の発色も良くなるんです。
チャイボーグ下地8
おでこはTゾーンを縦に動かしながらスライドさせていきます。
眉間にシワがある方は、そこだけ横に動かしましょうね。
シワに対して垂直に!
しつこいくらいお伝えします。
チャイボーグ下地9
こちらが全顔仕上がりです。フ
ァンデーションを塗る前ですがシワや毛穴の凹凸部分はかなりカバーされているかと思います。(頬部分アップは冒頭2枚目。)
チャイボーグ下地10
スティックタイプである分落ちにくくもありそうなので、夏場にスティックファンデーションなどと組み合わせると最強そうですね。
SPFが入っていないので、日焼け止めを併用したい場合は日焼け止めのあとに塗ったほうが良さそうです。

メイクの上からも塗れるようなので、お直しもばっちりできます。
テカリやすい方には本当に使いやすいと思います。
また、相性は基本的にはリキッドやクリームなど油分が多いものとのほうが良さそう。
乾燥肌の方がこれとパウダーファンデーションを一緒に使うと乾きや浮きを感じるかもしれませんので、スキンケアとの組み合わせも含めて仕上がりを確認しながら使ってみてくださいね。

次に塗るファンデーションのノリやつきが格段によくなります。ファンデーションが見たまま発色するのでコントロールカラーなどは不要かも。
ほぼ無色なのでテカリがちなメンズにも使えそう!

チャイボーグメイクに必要不可欠な陶器のようなサイボーグ肌は、凹凸をなくすことから始まります・・・!

ARTICLE関連記事