新社会人・新学生必見!
メイクデビューで揃えたいスタメンコスメ特集
パウダー編

お気に入り
監修
Eri

カリフォルニア州で美容師免許を取得後、美容院に勤務。
日本に帰国後ヘアメイクに転身し、現在はサロン経営の傍ら広告やファッション業界でヘアメイクを担当

目次
こんにちは!ヘアメイクアップアーティストのEriです。

芸能人、一般人ともにたくさんのヘアメイクをしてきた私が、今春社会人になる方、社会人でなくとも良質なプレストパウダーを探している方に、きちんとしたメイクをしたい時に愛用しているアイテムをぜひ、知っていただきたいと思いながらこの記事を書いています。

早速いってみましょう!

メイクアップフォーエバー ウルトラHDプレストパウダー


(リアルな使用感です)

社会人としてのメイクで大事な事はポイントメイクを作りこむ事よりも肌質や全体のバランスを見て、時には引き算をする事と思います。

社会人になったから、というだけではなく、年齢が進むにつれて足し算よりも引き算が上手い人の方がメイクが上手い印象になる事もあります。

そこで、シンプルに、かつ洗練された印象のメイクを作る強い味方として私が信頼を寄せているのが、メイクアップフォーエバーのウルトラHDプレストパウダーです。このパウダーのすごいところは粒子の細かさ、そして仕上りの持続性です。

塗った直後から程よいマット感で粉っぽい印象はなく、ふんわりとヴェールをかけたような肌感が簡単にできます。プレストタイプは筆に付きすぎる事もなく、持ち運びも便利です。色は全くなくクリアーなので、広告やテレビの現場でもいろいろな人種のモデルさんに使え、メンズにも使えて重宝しています。現在のHD(High Definition =高画質)のために作られた製品なだけあり、塗った感じを出さずにしっかりとカバーでき、質感を変えられます。

つや肌のメイクにもポイントで小鼻だけに使ったり、アゴ先に使うと程よいサラサラ具合が出て、顔全体がツヤツヤよりもメリハリが出て、マットめな肌質の方が大人っぽく真面目な印象にもなりやすいです。

また夏場や冬の暖房での毛穴が開きやすい環境でも、このパウダーをふんわりと乗せると毛穴カバーにもなり、目立ちにくい美肌が簡単に出来ます。しかもただのパウダーと違うところがその持ちの良さです。粒子の細かいフィニッシングパウダーは多少の価格であればたくさんありますが、このパウダーはそこまでマットにならずにサラッとしたセミマットの仕上がりがかなり持続します。なので何度も重ねる必要もなく、いつまでも素肌っぽい綺麗な肌が継続します。長時間のロケやテカりやすいメンズのメイクの時にも使いやすいパウダーです。






普通はケースに入れて、メイクポーチに入れるのかと思いますが、私は仕事の都合上省スペース、軽量化にかなり命をかけており、プレストの詰め替えのパッケージのまま現場バッグに入れて使ってます。ずっと愛用しており、ケースにも入れてないのに、周りの淵しか残ってない状態になっても割れて粉々になっていないのも大変優秀なところです。これが一個あれば毛穴ケア、テカりケア、乾燥対策のバリアと、一年中活躍してくれます。

メイクアップフォーエバーはもともと、映像や舞台でメイクをするプロのために作られたブランド。プロ用、と聞くとむしろテクニックがないと使いづらいようなイメージがあったり、そもそもデパートにあっても入りづらい・・・という方もすくなくないと思いますが、パウダーに関してはテクニックは不要ですのでトライしやすいと思います。

悩めるパウダージプシーたちのご参考になれば幸いです!

ARTICLE関連記事