NOV(ノブ)
Ⅲ フェイスローション

NOV(ノブ) Ⅲ フェイスローション
お気に入り

ミグノン コンシェルジュ レビュー

  • Maya
総合評価 3点
使いやすさ 3.5点
成分 3点
コスパ 3点
  • 項目別レビュー
  • +α情報
  • おすすめの人
  • こんな人にはNG
フェイスローション L(さっぱりタイプ) フェイスローション R(しっとりタイプ) フェイスローション EX(白濁とろみタイプ)

【使いやすさ】
3つともポンプ式でキャップのあるタイプなので旅行にも持って行きやすいです。 すべて無香料、無着色なので香りでの癒しはありませんが、香りがない分どなたでも使いやすいとおもいます。 ローションのタイプでいうと フェイスローション L(さっぱりタイプ)<フェイスローション R(しっとりタイプ) <フェイスローション EX(白濁とろみタイプ) の順でだんだんとろみがついてきます。 シャバシャバ系がお好きな方にはLさっぱりタイプがおすすめです。 それぞれてくすちゃーのとろみは違いますが万人が使いやすい商品なので星3.5です。

【成分】
・フェイスローション L(さっぱりタイプ)→防腐剤 フェイスローション R(しっとりタイプ)→防腐剤、合成界面活性剤 フェイスローション EX(白濁とろみタイプ)→防腐剤、合成界面活性剤、合成ポロマー。 がそれぞれで使用されていますこれらの成分を避けたい方はご注意ください。
・3つとも共通でグリチルリチン酸2Kがつかわれていて、これは消炎効果のある有効成分で、お肌があれるのを防いでくれます。 ー・フェイスローション L(さっぱりタイプ)ー ベースが水、BG、濃グリセリン、ヒアルロン酸でよく使われる保湿剤で安心して使えます。 この3つのなかでは1番シンプルな成分こうせいで、保湿力は低いですが少ない成分でシンプルなものを使いたいかたはさっぱりタイプが1番いいとおもいます。 ー・フェイスローションR(しっとりタイプ) ー 基本的にはさっぱりタイプとベースは変わりませんが、油剤が増えます。 乾燥肌さんにはいいのですが、オイリーさんにはちょっときついかもです。 ー・フェイスローション EX(白濁とろみタイプ)ーー 基本はしっとりタイプと変わりませんが皮膜剤の合成ポリマーが増えます。 乾燥肌で悩まれているかたはこのくらいしっとりでも良いとおもいますが、 オイリーさんがこれを使うとニキビが増えるだけだとおもうので、選ぶ際にはご注意を。 なるべく低刺激の構成でいいのですが、物によっては合成界面活性剤と合成ポリマーの量がきになります。 低刺激処方が売りだもんな…。厳し目に3です。

【コスパ】
うーーん。 ちょっと高いかなぁ。120mlしかないもんな…。 3000円代orせめて150mlだったら嬉しいのにな。 と言う願いを込めてコスパは3です。
敏感肌さんなら何度か使ってみようかなー? と悩んだり、実際に使った事がある方が多いのではないでしょうか?? 私は皮膚科の先生にこの3タイプをオススメしてもらって使いました。 お肌が荒れて部分部分で赤く、ハタケができていたのですが、みるみる回復をしまいした。 そのあと、皮膚科には行かずに自分の自己判断で2タイプを購入しました。 使ってみて悪くは無いのですが、私の肌質的にはなんとなく物足りなくてうーんと思っていました。3タイプに比べてなんとなくしっとりしない感じ。 もう一度皮膚科に行った時に『先生に進めて貰った3タイプを使いきり、似ている2タイプを使ったけど、やっぱりわたしには3タイプの方がいいのですか?』と質問しました。 すると、『2も敏感肌用だからあなたでも使いやすいしいいと思うよ。でも、あなたのお肌よりももっとセンシティブな人が使うべきものだから、非常にシンプルな成分です。だからあなたは3タイプの方が納得いく使用感なんだと思いますよ』と答えてくれました。 常にセンシティブではなく、季節の変わり目やホルモンバランス(生理とかね)に弱い肌のたいぷ方は3で良いと思いおます。
季節の変わり目や体調により、肌あれや乾燥をする
敏感は肌さん用ですが、全てに対応している訳ではありません。 心配な方は皮膚科へ。

ITEM関連商品

ARTICLE関連記事