ブラックマスカラで目元くっきり!基本のカラーでいろいろな目元を演出しよう

お気に入り
監修
MANAMI

トータルビジュアルプロデューサー

海外でのモデル経験を活かし、日本に帰国後はヘアメイク、ファッション、歩き方など「見た目に関するすべてのプロデュース」を手掛ける。
なりたいもの目指すものと本人が持つ素質を絶妙に見極めブランディングすることを得意とする。顧客は芸能人、政治家、専門家、ミスコンテストの出場者など。

目次
マスカラにはさまざまなカラー展開がありますが、やはり押さえておきたいのは「基本の色」であるブラックです。
より目の際を目立たせて目を大きく見せたり、白目を綺麗に見せたりする効果があります。
また、その他さまざまな効果を持つマスカラの魅力も知りましょう。
まつ毛は小さくて細いため、そこに塗るマスカラ液も取れやすいのでは?と心配な方も、最近の機能的なマスカラを試してみれば驚くかもしれません。
今回はマスカラの中でも「ブラック」をピックアップし、機能や効果、使い方などをご紹介します。

ブラックマスカラとは?

ブラックマスカラとは、さまざまなカラー展開のあるマスカラのうち、「ブラック」(黒色)のマスカラのことです。
最も基本的なマスカラのカラーと言えるでしょう。

マスカラとは?まつ毛の長さを足したり太さを足したりしてまつ毛を美しく見せるためのメイクアイテム

まず「マスカラ」についてご説明します。
マスカラとは、まつ毛の長さや太さを足すことで自分のまつ毛を美しく見せるためのアイテムです。
一般的には、多くの人のまつ毛の色と同じブラックが多いのですが、ブラウンやブルー、レッド、ホワイトなどのカラー展開もあり、シーンによって選ぶことができます。

『マスカラの記事』にて詳しくご説明していますので、こちらもご一読ください。

※マスカラの記事

ブラウンマスカラの魅力とは?優しげで抜け感のあるナチュラルな目元に仕上げることが可能

マスカラは選ぶ色によって仕上がりの印象が異なります。例えば「ブラウンマスカラ」の場合、目元が優しげになり、「抜け感」(垢抜けた感じ)のあるナチュラルな目元にすることができます。
色が持つ魅力は色によって異なるため、それらを理解した上で選択するとより自分好みの仕上がりになるでしょう。

『マスカラ・ブラウンの記事』にて詳しくご説明していますので、こちらもご一読ください。

※マスカラ・ブラウンの記事

なお、ナチュラルな目元に仕上げるには、ブラウンマスカラを使う以外にもコツがあります。
詳しくは『マスカラ・ナチュラルの記事』を参考にしてください。

※マスカラ・ナチュラルの記事

ブラックマスカラの魅力とは?華やかで存在感のある目元に仕上げることが可能

ブラックマスカラの魅力は、黒という基本的な色で「失敗が少ない」というカラーでありながら、華やかで存在感のある目元に仕上げられることです。
はっきりした目元になるためアイメイクのカラーにも負けず、引き締まった印象になります。

色の選び方の基準とは?マスカラの色は瞳の色・アイラインの色・眉毛の色と同等の色または濃い色が理想

基本的なマスカラの色の選び方は、「瞳の色・アイラインの色・眉毛の色と同等の色、または濃い色」です。
「どの色がよいかわからない」という場合には、まずこれを基準に選ぶことにしましょう。
その後、メイクやご自身の技術に合わせて、別のカラーを試してみることをおすすめします。

ブラックマスカラが似合う人とは?瞳の色が黒に近い人やクールなメイクが好きな人

ブラックマスカラが似合う人とはどんな人でしょうか?
ブラックはさまざまな人に似合うものですが、「瞳の色が黒に近い人」には、よりしっくりと馴染むでしょう。
また、雰囲気としてはクール系のメイクが合わせやすいと考えられます。


基本的にブラックは、非常に他の色とのバランスが取りやすい色であるため「似合わない」というケースはほとんどありません。
「迷ったらブラック」と覚えておきましょう。

ブラックマスカラの選び方とは?

ブラックマスカラはどのように選ぶべきなのでしょうか?
効果や機能、マスカラ液に含まれる「繊維」の有無、ブラシの形状といった点から考えてみましょう。

マスカラの種類を選ぶ時のポイントとは?理想の仕上がりを意識して選択

マスカラには「ロングタイプ」「ボリュームタイプ」など、仕上がりの違いをつくる機能があります。
ここでは、それぞれがどんな方におすすめなのかを説明します。

ロングタイプとは?まつ毛の長さ出しができるため繊細で長いまつ毛に仕上げたい人におすすめ

ロングタイプとは、まつ毛をより長くできる機能を持つものです。
マスカラ液の中に細かな繊維が含まれており、まつ毛の先に長さをプラスすることができます。
長いまつ毛に仕上げたい、という人におすすめです。

詳しくは『マスカラ・ロングの記事』をお読みください。

※マスカラ・ロングの記事

ボリュームタイプとは?まつ毛の量を多く見せたりまつ毛を太く見せたりできるためインパクトのある目元に仕上げたい人におすすめ

ボリュームタイプとは、まつ毛の量を多く見せたりまつ毛を太く見せたりできるマスカラのことです。
付けまつ毛を使っているかのように存在感のあるまつ毛になるため、インパクトのある目元に仕上げたい方におすすめです。

詳しくは『マスカラ・ボリュームの記事』をお読みください。

※マスカラ・ボリュームの記事

カールタイプとは?カールキープ力があるため上向きカールを保ち可愛らしい目元に仕上げたい人におすすめ

カールタイプとは、まつ毛をカールさせた状態をキープする力が強いマスカラです。
まつ毛が上を向いていることで、より可愛らしい目元に仕上げることができます。
アイリッシュカーラー(ビューラー)で持ち上げたまつ毛もキープすることができます。

詳しくは『マスカラ・カールの記事』をお読みください。
※マスカラ・カールの記事

繊維の有無で選ぶ時のポイントとは?求める仕上がりや自分の経験値に合わせて選択

マスカラ液の中に含まれる繊維の有無でも、仕上がりが異なります。
どのような仕上がりを求めているかによって選択しましょう。
繊維を含むマスカラの使用は、ある程度経験が必要なものでもあります。

繊維なしタイプとは?マスカラ液に繊維が含まれておらずボリューム効果よりもロング効果が高く初心者に最適

繊維なしタイプとは基本のマスカラであり、マスカラ液の中に繊維が含まれていません。
そのため繊維が邪魔にならず、初心者にも最適です。ボリュームアップ効果より、長く見せる効果の方が優れています。
また、繊維ありよりもナチュラルな仕上がりになります。付け心地が自然なため、違和感を覚えない方が多いようです。

繊維ありタイプとは?マスカラ液に繊維が含まれておりボリューム効果が高く高難易度

繊維ありタイプとは、マスカラ液の中に繊維が含まれており、まつ毛に繊維が付くことでまつ毛の存在感がアップするマスカラです。
繊維の付き方によっては長く見せる効果もあるのですが、ボリュームを増やす効果のほうが大きいでしょう。
繊維なしと比べると少々経験が必要で、慣れるまでは難しく感じる方もいるかもしれません。

ブラシの形状を選ぶ時のポイントとは?使いやすさや仕上がりを意識して選択

マスカラを付ける際に使うブラシには、目的や機能に合わせてさまざまなものがあります。
自分が使いやすいタイプを選んで使いましょう。

アーチ型の特徴とは?最も一般的な形状でボリュームアップにもカール出しにも最適

アーチ型とは、最も一般的な形状のブラシです。目元の形に沿って湾曲しており、ボリュームアップにもカール出しにも最適です。
まつ毛全体にマスカラ液が行き渡りやすく、初心者の方もスムーズに使うことができるでしょう。

ロケット型の特徴とは?先端が細い形状であるため中央部分と先端の使い分けが可能

ロケット型とは、文字通り「ロケットのような形」をしているブラシです。
先端に向けて徐々に細くなっており、太めの部分ではある程度まとめて塗ることができます。
また、細かな塗りが必要であれば先端部分を使います。
1つのブラシで塗り方を変えられる便利さがあります。

コーム型の特徴とは?まつ毛を櫛でとかしながらマスカラ液を塗ることができるためカール出しや繊細で長いまつ毛に仕上げるのに最適

コーム型とは、まつ毛のサイズに合わせた小さな櫛の形をしているタイプのものです。
マスカラ液が均等につき、液が固まりになる「ダマ」ができにくいため、まつ毛の1本1本が綺麗に仕上がります。
アーチ形やロケット型などのタイプとは液の付き方が違うため、使い始めは少々注意が必要かもしれません。

ひょうたん型とは?中央がくびれた形状であるためマスカラ液の付き方が部分的に異なり様々なニュアンスのまつ毛に仕上げることが可能

ひょうたん型とは、中央が「ひょうたん」のように凹んでくびれた形をしているものです。
マスカラ液の付き方がサイドと中央とで違うため、これを利用してまつ毛の仕上がりのニュアンスを部分的に変えることができます。

機能性で選ぶ時のポイントとは?落ちにくさや落ちやすさなど求める効果を持つタイプを選択

機能や効果などでマスカラを選ぶ際には、そのアイテムを使うシーンや、使いやすさを重視してみましょう。
ウォータープルーフタイプ、スマッジプルーフタイプ、フィルムタイプなど、便利な機能を持つものがあります。

ウォータープルーフタイプの特徴とは?汗や水に強い性質を持つため落ちにくい

ウォータープルーフタイプには、汗や水に強いという特徴があります。
そのため、海水浴やスポーツ、暑い場所での作業を行う際に活用できます。
ただし、洗浄力の弱いクレンジングでは落ちにくいので注意してください。

スマッジプルーフタイプの特徴とは?皮脂に強い性質を持つため落ちにくい

スマッジプルーフタイプには、皮脂に強いという特徴があります。
「オイリー肌でマスカラが取れやすく心配」という方も安心して使用できますし、時間が経ってメイクが目の周辺に広がる「パンダ目」を防ぐこともできます。

フィルムタイプの特徴とは?お湯で簡単にオフできるため落としやすい

フィルムタイプは、お湯で簡単にオフできるという特徴があります。
また、汗や皮脂にも強く、ウォータープルーフタイプのようにも利用できます。
専用リムーバーなどを使わず、できるだけ簡単にメイク落としをしたい方におすすめです。

成分で選ぶ時のポイントとは?美容成分や保湿成分を配合したマスカラを選択

マスカラに配合されている成分も、それぞれ違いがあります。
美容成分や保湿成分を含んでいるものを選べばまつ毛を傷めずにメイクができるため、「まつ毛が切れやすい」といった悩みを解消できるかもしれません。

ブラックマスカラの使い方とは?

ブラックマスカラの使い方についてご説明します。
基本の使い方をマスターしてから、色々と応用してみるのもおすすめです。

目をパッチリ見せるための土台の作り方とは?自分の目の形に合うビューラーを三段階に分けて使用した後にマスカラ下地を塗布

目をパッチリ見せるためには「土台作り」が必要です。
次のような順番でマスカラを塗りましょう。

  1. 自分の目の形に合うビューラーでまつ毛をカールさせる
    「三段階」に分けるのがベストで、まつ毛の根本→中間→毛先で挟み込み、ぐっと押さえる

  2. マスカラ下地を塗る(※マスカラ下地の記事)

  3. ブラックマスカラを塗る

ブラックマスカラの上まつ毛、下まつ毛への使い方とは?

上まつ毛と下まつ毛では、マスカラの使い方が少し違います。
それぞれに合った方法で塗るようにしましょう。

上まつ毛の塗り方とは?マスカラをまつ毛の根元に3秒程度押し当て毛先に伸ばしホットビューラーで整えたあとにもうひと塗り

上まつ毛に塗る時には、まつ毛の根本にマスカラを3秒ほど押し当て、しっかりと液がまつ毛に絡んでから毛先まで伸ばすようにしましょう。
なお、もし「ホットビューラー」をお持ちであれば、カール具合をここで整え、もうひと塗りすると、より美しい曲線を長時間維持できます。

下まつ毛の塗り方とは?ホットビューラーを下まつ毛に5秒程度当てて整えたあと余分なマスカラ液を除去したマスカラを塗布

下まつ毛に塗る時には、ホットビューラーを下まつ毛に5秒程度当て、まつ毛の先が下向きになるよう整えた後、マスカラを塗ります。
余分なマスカラ液はティッシュなどで取ってから使いましょう。

マスカラの落とし方とは?まつ毛専用リムーバーを使用

マスカラは一般的なファンデーションよりも落ちにくいメイクアイテムなため、まつ毛専用のリムーバーを使って落とすようにしましょう。
専用のものであれば強く擦らなくてもスルリと落とせるため、肌やまつ毛に負担をかけません。
なお、専用リムーバーを使うのが面倒な方は、お湯で落とせるフィルムタイプを選ぶようにしてください。

まとめ

基本の色であるブラックマスカラは、初心者さんから上級者さんまで、さまざまな方が使える「まつ毛メイクの強い味方」です。同じカラーでも、ブラシの形や繊維の有無、機能などで選択肢は非常にたくさんあります。そのため、メイクそのものを楽しむこともできるでしょう。 なお、「マスカラが取れてしまって困る」という方は、取れにくいマスカラを使うほか、「無意識に触ってしまっていないか」などにも注意してみてください。また、脂性肌の方は目の周辺にフェイスパウダーなどを使用することで、パッチリした目元を維持できます。

ARTICLE関連記事